ライフハックのメモ帳

生活・仕事に役立つライフハック術をご紹介。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ビールをすぐにキンキンに冷やす方法

家に帰ったらビールが冷えてない…

そんなときにビールを短時間でキンキンに冷やせる裏ワザの動画をご紹介。

スポンサーサイト

| 食事 | 08:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

甘い物の摂り過ぎはうつ病を悪化させる?

sdP6.jpg

甘い物を食べると、血糖値が上がります。

ブドウ糖は脳の唯一のエネルギー源ですので、甘い物を食べると脳の働きはよくなり、気分を高揚させる効果が知られています。

特に、うつ病にかかると疲労感が強くなり、チョコレートやアイスクリームなどの甘い物が無性に欲しくなったりする時がよくあります。

しかし、脳にとってのエネルギー源も摂り過ぎると、逆に血糖値を下げるブレーキが働いてしまい、気分を一気に落ち込ませてしまうということがあるそうなのです。

適度の甘い物は、疲労を回復させたり、気分の改善、気分転換、うつ病に効果的ですが、欲求にまかせて、たらふく甘い物を食べてしまうと、うつ病を悪化させるなど心まで不健康にさせてしまいますので、食べすぎには注意をしましょう。

| 食事 | 07:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たったこれだけで!缶ビールの泡がキメ細かくなる裏ワザ

これはすごい!

こんな簡単にビールが美味しく飲めるならぜひやっていただきたい。

動画がビールではなく発泡酒ってところは突っ込まないでください(笑)

| 食事 | 17:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『人工甘味料』は虫歯にならないは嘘という研究結果が発表される

YQURWkS2vftldRtC.jpg

噛むだけで歯の再石灰化につなげると言われている『キシリトール』ですが、イギリスの歯科学会で『待った』がかかったようです。どうもキシリトールや人工甘味料などを扱ったガムやあめなどを食べるだけで歯が健康に保たれるという情報は検証が得られておらず、そればかりか虫歯になるのではないかと話しています。果たして本当に悪影響が及ぶというのだろうか。

イギリス歯科学会の研究報告によると、人工甘味料のあり方について再考する必要があるのではないかと問題視している。

というのも、キシリトールやソルビトールなどの人工甘味料が歯に悪影響をおよぼし、虫歯を促進させているのではないかという研究結果を発表したからだ。

虫歯とは、虫歯菌が砂糖などの成分を利用し、歯に穴を開けるための酸を放出する現象。エナメル質が脱灰した場合自然に再生(再石灰化)するのだがそれが間に合わないと虫歯になる。

彼らによると、キシリトールなどは虫歯のリスクを抑えるが、歯を溶かす酸が出ないわけではない。また、製品に含まれている果物の香料などの成分により更に強力な酸が出て、歯のエナメル質を溶かす作業を促進させると言う。

人工甘味料などの無糖食品は世の中では『安全』だと言われて信じているものが多く危険だと警鐘を鳴らし、更なる臨床実験が必要であるとも述べた。

これに対しチューインガム会社リグレーの広報は、過度に摂取すれば副作用でおなかを下すことがあるが、キシリトール入りのガムを咀嚼することにより分泌する唾液が口腔内の衛生を保ちむしろプラスになると説明。

キシリトール入りのガムを仕事中に食べ過ぎておなかを下すことは多々あるが反面、再石灰化促進作用などにより、虫歯予防になると信じられている。しかしこれは臨床実験により証明されたことではなく現状はどちらかと言えばグレー。なにはともあれ歯に爆弾をかかえる方は少し様子を見たほうがよさそうだ。

| 食事 | 07:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コーヒーフレッシュが無料で使い放題な恐ろしい理由

523913_411152458897262_100000075342385_1657247_240094325_n.jpg


喫茶店やファーストフードでコーヒーを頼むと、机におかれたコーヒーフレッシュや砂糖を無意識のうちに利用していることがある。ああ、サービスの一環で無料で使い放題状態になっているのだなと考える方も多いのだが、冷静に考えるとおかしな話だ。砂糖や塩ならまだしも、ミルクを成分としたコーヒーフレッシュが何故無料なのか、またなぜ、コーヒーフレッシュがそこまで日持ちをするのか、これにはとんでもないからくりが存在した。

コーヒーフレッシュが無料で使い放題状態で配られている本当の理由が記載されている。結論を申し上げるとコーヒーフレッシュは『ミルク』ではない。また『乳製品』でもない。では何かと言うと

『植物油に水を混ぜ、添加物で白く濁らせ、ミルク風に仕立てたもの』

だと言う事だ。つまりコーヒーフレッシュをドバドバとコーヒーに混ぜて使うということはすなわち、サラダ油をコーヒーの中に突っ込み『わたしゃミルク使わなきゃコーヒー飲めないんだわ』と、あたかもミルクを入れているような錯覚を楽しんでいるにすぎないと言うのだ。

ちょっと待って、それは詐欺ではないのか?と感じる方もいるかもしれないが、これは詐欺ではない。実はコーヒーフレッシュの原材料を見ると一言も『ミルクを使っています』とは言っていないのだ。ちなみに主な原材料として以下があげられる

・乳化剤 
・植物性油脂
・増粘年多糖類 
・PH調製剤
・着色料
・香料

乳化剤とは、界面活性剤の事で何故入れるかと言うとサラダ油と、水が混ざりにくい問題を解消するためだと言う。増粘年多糖類とはミルクのような、とろみを出す液体。
これらを混ぜて作ったなんちゃってミルクが『コーヒーフレッシュ』なのです。

今後もし、コーヒーの中に本当のミルクを入れたいと考える方は、敢えて別途ミルクを注文するか、カフェオレのようにもともとミルクが入っている商品を注文するしかなさそうだ。

| 食事 | 07:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。