ライフハックのメモ帳

生活・仕事に役立つライフハック術をご紹介。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Twitterの140文字制限の意外な理由とは?

763e2282.jpg
Twitterが140文字制限されているというのは、Twitterを利用しているユーザであれば誰でも知っている常識として認識されているのですが、ではなぜ140文字かと聞かれると考え込んでしまう方も多いはずだ。かくいう私どもも、「140文字ぐらいでいいんじゃない?」という漠然とした理由からきているのかと信じていたが、実はれっきとした理由があった。

Twitterの140文字の由来は、携帯電話等で使われたSMS(ショートメッセージサービス)の160文字から由来すると言う。そのうち、20文字分は名前エリアとして確保され、残りの140文字が文章となる。案外単純な由来であることが判明。

ただし、Twitterは名前の最大文字数は15文字だ。そうすると残りの5文字はどこに行ったのかと言う疑問が残るが、送信ヘッダー等何かしら表に出ない領域として確保されている可能性が高い。

また、本件の由来は海外サイト「How Twitter Was Born」にもあり、140文字の由来がSMSからによるものだと言う話も出てきている。というよりTwitterはSMS用に作られていたが、コストがかかり過ぎるのと、バグが多いので泣く泣く140文字に制限したところ、逆に功を奏したみたいです。

まさか、その140文字に制限したメッセンジャーアプリが、世界中で使われるサービスとして羽ばたいていくとは夢にも思っていなかっただろう。

意外な開発秘話でした。

参照:http://twitpic.com/afa97s
スポンサーサイト

| インターネット | 07:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。